南国の海を楽しむ

水中眼鏡

神秘に彩られた洞窟で体験ダイビングやシュノーケリンが存分に楽しめます

青の洞窟は、那覇市内からも1時間程度の沖縄本島の中部に位置する真栄田岬にある洞窟です。全国各地からダイビングやシュノーケリングを満喫する為に多くの観光客が訪れて、体験ダイビングやシュノーケリングはビギナーも存分に楽しめるので青の洞窟でも人気が高いマリンスポーツです。青の洞窟ツアーは沢山のお店が開催しています。体験ダイビングは、ダイビングライセンスが無くても、青の洞窟内でダイビングが楽しめます。料金は、コースの内容によっても変わりますがシュノーケリングだと2500円から4000円前後で、体験ダイビングだと装備や講習等を行う処もあってばらつきが見られますが、4000円から9000円程が相場です。お店によってオプションやセット割引があるので各店のHPなどをチェックしておく事をおすすめします。例えば、体験ダイビングシーンを撮影したデータをDVDのプレゼントや貸切のボートでの移動や魚の餌付け、カヤックやシュノーケリングとのセットプランや2種類のダイビング等、色々なツアーがあります。

青の洞窟のツアーメニューについて

体験ダイビングを催行するのがダイビングインストラクラクターになります。メジャーなPADIやNAUI等インストラクターはスキンダイビングインストラクター資格も保持しており、ダイビング指導団体が指定する保険加入や義務付けられており、万が一の事故も保障がありますし、シュノケリングツアーも保険の対象となりますから安心です。また、トレーニングダイブといった浅場でダイブの練習やゲストに合わせた講習会も開催している処があります。夏季の繁忙期等は、いつもより混雑するのでピーチを希望の人は、待ち時間が長くなりがちですから、炎天下のなか階段で待っているのは体力を消耗するかもしれません。できるだけ早い時間のツアーを申し込むと待ち時間の疲労が軽減される可能性が高くなります。また、海況不良の場合はボート移動になるので追加料金の確認等も事前にチェックしておくとスムーズに予定が進めます。洞窟の内部は、太陽に光が海面に反射して青く輝き、洞窟にまで届き、紺碧の光を帯びて神秘的な空間が広がっています。

宿泊施設を利用

マリンスポーツをする場合、シュノーケリングは深く潜ることはないのですがダイビングの場合は潜ることがあるので気をつけるべき点があります。それは飛行機です。ダイビングをして数時間は飛行機に乗ってはいけないので、沖縄旅行をする際には必ず宿泊施設を確保しておくことが大切です。宿泊施設は数多く存在するのですが、利用する際は料理などもチェックしておくと良いです。宿泊施設では施設内にレストランを設けているところが多く、ランチやディナーが楽しめます。また、宿泊施設を申し込む際には宿泊料金にランチの料金が含まれているかなどチェックしておくことも忘れずに行なうと良いでしょう。

人気記事