心温まる日本の文化

女性

温泉好きの日本人にはたまらない

温泉の歴史は今から1000年以上も昔にさかのぼります。大地からお湯が湧き、そこに不思議な効能がある温泉は神泉という言葉もあるように神々の恵みといる意識が深く根づいています。 温泉によく山々の動物が入って傷を癒していたという伝説的な逸話がありますが、これはあくまでも逸話の範疇であり、事実ではない場合が多いようです。戦国時代になると、合戦で傷ついた武将の多く、温泉で傷を癒したという記録が随所に出てきます。そのことについては、史実に基づいたものが多いようです。しかし、江戸時代以降については、現在のようなブームは起こっていません。輸送機関が発達していなかった昔にはなかなか遠くまで温泉に入浴するといったようなことはできなかったと考えます。その後、温泉は大分や三重などの地域で発展されていき、今のように温泉ブームが起こるようになりました。

これからの隆盛について

現在は三重の温泉ブームです。一般的に箱根や大分の方が、温泉のイメージが多くありますが、三重にも多くの人々が入りに行きます。宿泊施設の命といえば、温泉と料理です。泉質も必要なことではありますが、その雰囲気がさらに必要とされます。温泉本来のものとは異なった所にその意義を見出しているようです。 今後もこのようなブーム的な風潮は強くなると考えます。三重の宿泊施設と一体化されたものだけではなく身近にある場所で楽しむことも本当に癒しなることであることでしょう。家庭の風呂とは一線を画したものであることも事実です。 汗を流すだけではなく、心と体を癒すために今後も長く日本人の心に根差したものとなることに違いないと考えます。ひとりひとりが自分の心と体を癒す場所としていつまでも自然の恵みとして期待しています。

人気記事